東京⇔ソウルでおトクな航空会社は?

行き先別

LCCは6社

LCCは以下の6社が運航しています。

 

フルサービスキャリア

LCC

羽田⇔仁川

スターアライアンス アシアナ航空
大韓航空

ピーチ(ANA)

成田⇔仁川

アシアナ航空
エチオピア航空

大韓航空

ジンエアー(大韓航空)
エアソウル(アシアナ航空)
ティーウェイ航空
チェジュ航空
イースター航空

羽田⇔金浦

JAL
ANA
アシアナ航空
大韓航空

 

ソウルには仁川(インチョン)と金浦(キンポ)の2つの空港があります。

ソウル市内へのアクセスは、金浦空港から地下鉄で最短約20分。タクシーで30~40分、¥2,000-程度。
仁川空港からは、地下鉄で最短約1時間。タクシーで約70分、¥6,000-程度です。

金浦空港は都心に近くて国内線が多い羽田空港、仁川空港は都心から遠くて国際線が多い成田空港のイメージです。

 

羽田発はどこが安いの?

「今から1ヶ月以内に1泊2日か2泊3日で行きたいな~」と思った場合を想定します。曜日のしばりは無しとして、2019年3月~4月上旬までで最も安い日程を探してみました。(2月25日17時時点)

ピーチ

3月13日早朝に現地に到着して、翌14日の夜に出発する1泊2日のスケジュールです。

諸税含めてお値段¥30,640-とかなりお安いです。

ただし、羽田01:55→仁川04:35、仁川22:45→羽田00:55の便しかありません。

注意しなければいけないのはLCCなのでお預け手荷物が有料な点。バリューピーチ(手荷物20kgまで無料のパッケージ)を選択しても¥3,000-(往復¥6,000-)以上かかります。

大韓航空

3月12日早朝に現地に到着して、翌13日の夜に出発する1泊2日のスケジュールです。

諸税含めてお値段¥41,730-

お預け手荷物は23kgまで無料なので、お預け手荷物を考慮するとピーチよりやや高い金額です。

大韓航空も羽田02:00→仁川04:50、仁川20:40→羽田22:50の便しかありません。

JAL

3月12日夜に現地に到着して、14日の早朝に出発する2泊3日のスケジュールです。

なんと諸税含めてお値段¥36,930- 

金浦空港発着なのでソウル市内まで近く、時間にも余裕ができるメリットがあります。

JAL・ANAの国際線は高いイメージがありますが、このように日程によってはかなり安い場合もあるので、念のためチェックすることをおススメします。

 

成田発はどこが安いの?

ティーウェイ航空

3月12日夜に現地に到着して、14日の早朝に出発する2泊3日のスケジュールです。

なんと諸税含めてお値段¥22,382- 安すぎます。

その他の韓国系LCC

同じ日程で、チェジュ航空は¥28,700-、イースター航空は¥29,140-、ジンエアーは¥24,770-、エアソウルは¥26,970-でした。

もちろんティーウェイ航空が常に最も安いわけではなく、日程によって各航空会社の金額にばらつきがあります。平日であればだいたい25,000-前後で探すことができました。

週末じゃないと行けないという方。

チェジュ航空

3月15日(金)の夜に現地に到着して、17日(日)の早朝に出発する2泊3日のスケジュールがなんと!¥27,700-です。

韓国系LCCは頻繁にセールを開催しており、日程によってはさらに安くチケットを探すことが可能です。こまめにサイトをチェックしてみましょう。