東京⇔香港でおトクな航空会社は?

行き先別

LCCは3社

LCCは以下の3社が運航しています。

 

フルサービスキャリア

LCC

羽田⇔香港 JAL
キャセイパシフィック
キャセイドラゴン
ANA
香港エクスプレス
成田⇔香港 JAL
キャセイパシフィック
キャセイドラゴン
ANA
未加盟 香港航空
バニラエア(ANA)
ジェットスター(JAL等)
香港エクスプレス

 

 香港エクスプレスは安い?

「今から1ヶ月以内に2泊3日か3泊4日で行きたいな~」と思った場合を想定します。曜日のしばりは無しとして、2019年3月~4月上旬までで最も安い日程を探してみました。(2月25日17時時点)

発着時刻が早朝や深夜の便も含めるとさらに安い価格もありましたが、余計なコストや時間がかかるためここでは割愛します。

香港エクスプレス



3月13日夜に現地に到着して、16日の昼に出発する3泊4日のスケジュールです。

諸税含めてお値段¥36,470-とかなりお安いです。

ただし、注意しなければいけないのはLCCなのでお預け手荷物が有料な点。20kgまで¥3,500(往復¥7,000)かかります。

また、行きの便は成田19:00→香港23:40でお腹が空きそうですが、機内食は有料です。

 

ちなみに香港エクスプレスは頻繁にセールを開催しています。セールは売り切れ次第終了となるので、こまめにサイトをチェックしておくと良いかもしれません。

(セール中の例)


5月8日夜に現地に到着して、12日の朝に出発する4泊5日のスケジュールがセール中になんと!
諸税含めてお値段¥17,970-でした。

 

 日系LCCは高い?

バニラエア

3月12日昼に現地に到着して、14日の昼に出発する2泊3日のスケジュール。

諸税含めてお値段¥46,940-と香港エクスプレスより高いです。ただし、セールの時は「わくわく」プランが販売され、運が良ければ格安チケットを手に入れることが可能です。

お預け手荷物は、20kgまで¥4,000(往復¥8,000)かかります。また、帰りの便は香港発15:40→成田着20:45ですが、機内食は有料です。

ちなみにジェットスターの価格も大体同じでした。

 

どっちがおトク?

香港エクスプレスとバニラエアを比較すると、発着便数は圧倒的に香港エクスプレスが多く、お預け手荷物の料金も香港エクスプレスの方が安いです。また、便によっては羽田発着が選べるのも香港エクスプレスの魅力です。

ただ、セールの時を含めるとバニラエアの方が安い場合もあり、どちらがおトクかは時と場合によるでしょう。

両社とも頻繁にセールを開催しているため、運が良ければ往復3万円以内でチケットを入手できるかもしれません。

バニラエアは2019年10月にピーチと統合し、成田-香港路線は廃止の予定となっているので注意が必要です。

 

 香港航空はおトク?

香港航空はLCCではなくフルサービスキャリアです。

香港航空

行き①3月14日 成田09:05→香港13:30 ②3月14日 成田15:30→香港20:05

帰り①3月19日 香港09:05→成田14:30 ②3月20日 香港01:55→成田07:05

これらの便を選んで往復した場合、諸税含めてお値段¥34,990-とLCCより安くなります。

もちろん往復の金額です。

お預け手荷物は、20kgまで無料。機内食のサービスも無料。

完全にLCCよりもおトクです。

LCCで香港へ行こうと思っている方は、香港航空のサイトをチェックしてみることをおススメします。