ベトナムにできた新しい航空会社、バンブーエアウェイズ Bamboo Airwaysとは?

航空会社

バンブーエアウェイズとは?

ベトナムの不動産系複合企業FLCグループが設立した新エアライン。
2019年に国内線が初就航しました。2021年までは国内線へ注力し、ハイフォン、タインホア、ニャチャンなどの路線を開設。2022年に日本、韓国、中国、シンガポール、タイ、香港、台湾へ国際線を展開する予定です。
当面は、中南部に位置するビンディン省フーカット空港(Phu Cat Airport)を拠点に路線を展開していくとのこと。
料金はベトジェットエアよりも高く、ベトナム航空よりも安い価格帯を予定しており、LCCではないとのことです。

ビンディンってどこ?


ベトナム中南部の沿岸に位置し、ホーチミンから飛行機で1時間30分、ダナンから車で1時間の距離にあります。
のどかな田園風景と綺麗なビーチで有名で、近年は大型のリゾートホテルもオープンし、リゾート地として注目を集めています。また、ビンディン遺跡群と呼ばれる遺跡も点在しています。

 

バンブーエアウェイズはLCCではないため、今後もベトジェットエアが最も安い価格帯であることに変わりなさそうです。現在、LCCのダナン直行便がないため、ベトナム中南部へ行きたい場合に便利になりそうですね。
今後、動向があれば追って情報をお伝えしていきたいと思います。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove